What is DOSTECH ?

HOME

BEARINGS

TEAM

What's new ?

e-mail

DOSTECHは、2003年秋に赤熊寛敬をはじめとしたプロスケーター達により、
自分達のライディングにおいて納得のいくベアリングとウィールを創ろうとスタートしました。
池之上慶太が加わり、その後、関根康之、大矢尚孝、荒木塁、吉田徹も加わり、最高の
スケートライフの為に最高のベアリングとウィールを創り出しています。
(大矢尚孝、荒木塁、吉田徹はベアリングチーム)
最高級のベアリング  MADE IN JAPAN のこだわり
ベアリングは、大きさも様々ですが、精密パーツとして多くの機械製品に使用されています。
現在ではその多くは量産体制とコスト削減などもあり、台湾や中国といった国で生産された
ものを日本に輸入しているというのが現状です。ただし、最も精密さを求める部分に使われる
ベアリングについては日本国内で、完全に管理された中で生産されていることを我々は知りました。
そこで、DOSTECHは日本国内でのベアリング生産にこだわりました。
アイディア
DOSTECH Rベアリングは、今までの常識では考えられない発想によって商品化されました。
トラックのアクスルシャフトとウィールの接点となるベアリングは、精密な組立てパーツであるがために
スケートにおいて負荷により最も破壊しやすいパーツです。ベアリングの寿命を延ばすには、
如何にその衝撃をベアリングから逃がすかです。その為に、DOSTECH Rベアリングは、通常は
フラットである外形を樽型にしました。これは、スライドなどによってウィールとアクスルシャフトが
ねじれた状態になった時に、多少の遊びを持たすことにより、ベアリングへの負荷を減らすことができました。
ベアリングの敵 ミクロン単位のゴミ
ベアリングが壊れる原因のひとつとして、ゴミの進入があります。ゴミが入ることによって、
ベアリング内の内壁とボールの回りが悪くなり、ベアリングの破壊につながります。
そこで全てのDOSTECHベアリングは両側シールドタイプを採用しました。また、ゴミの進入を
防ぐために段付の内芯を使用し、シールド部分を広くとっています。
こだわりのウィール  MADE IN USA
2003年秋のブランドスタートから約1年6ヶ月をかけて最高のウィールウレタン素材をみつけました。
この間、色々なウレタン素材のウィールをDOSTECH ウィールチームによりテストしました。
スライド感とグリップ感そしてスケーティングフィーリングの合致した素材です。同じ素材名であっても、
台湾製や中国製のものではチームのライディングにあわず、最終的にはカリフォルニア生産のものを
選びました。(やはりスケート大国アメリカって感じです。)

WHEELS

OTHERS

dostech

PHOTO GALLERY